建学の精神・校長挨拶

校長挨拶

Head Master校長 ネルソン文子

 帝京ロンドン学園を訪れた人は、豊かな緑に囲まれたキャンパスに目を見張ることでしょう。学園周辺は、グリーンベルトと呼ばれる環境保護地区に指定されていて、学園のすぐ近くの森では、ハリーポッターの映画で愛すべき登場人物、ハグリッドが住んでいる小屋のセットが建てられ撮影されました。森に住んでいる鹿やリスもよく学園に遊びに来ます。学園は、この自然豊かで広大な敷地内に歴史的な建物のマナーハウス、3面のテニスコート、天然芝のサッカー場、年間を通して泳げる室内温水プールなど充実した施設があり、生徒の皆さんが伸び伸びと知性と感性を磨ける学校環境を提供します。
 本学園はイギリスの地にありながら日本の高等学校の卒業資格を取得できるユニークな学校です。学習指導要領に則った学習の他に、学園独自のカリキュラムを準備しています。イギリスの歴史や文化を教室で学んだ後に、実際に校外でそのことを確かめる体験をします。また、チャリティーショップなどでの職場体験もあり、自ら体験することで、学びが生きたものとして、より深くなり、自らのものとなるのです。
 また、英語を実生活で使う環境というのも学園の大きな特徴です。学園内のサポートスタッフとの会話は英語ですし、週末のホームスティ、研修旅行、現地校との交流会、趣味を生かした課外活動、買い物や遊びの場など、さまざまな場面で英語を使う生活となります。教室で覚えたフレーズは、こんな場面で使える、こんな言い方もあるのかなど多くの発見があることでしょう。
 寮生活を送る皆さんは、最初不安に思うかもしれませんが、イギリス人と日本人の教員およびスタッフが、お手伝いをしますのでご安心ください。寮生活を通して生活者として必要なスキルを身につけ、もう一つのホーム、もう一つの家族としての寮生活を楽しんで欲しいと思います。
 本学園は徹底した少人数制をとっており、生徒一人一人を大切にします。自ら考え、協働し、生涯にわたって自律した学習者となる若者を育てることを目標に日々の教育活動を行なっています。学園の建学の精神にある「人の痛みを分かち合う心情を涵養し、国際的な視野にたつ知識を身につけた人間の育成をめざす」はすべての教育活動の礎となっています。
 現在、学園は国際バカロレアディプロマプログラム(I B D P)の候補校として、準備を進めています。I Bの使命と本学園の建学の精神で謳っている内容の整合性があること、世界的に認められている国際水準のI B D Pを提供することでさらにより良い学習環境を整えることができることから導入を決定しました。国際バカロレア資格は世界中の多くの大学の受験資格として認められています。既存の普通コース、サッカーコース、アートコースに新たにI Bコースを提供することで
生徒それぞれの進路志望にこれまで以上に対応していけるものとなります。
 帝京ロンドン学園は、多くの可能性を秘めた皆さんが、グローバルな社会で活躍し、自分の夢に向かって進めるための学習環境を提供します。近い将来、皆さんとイギリスでお会いできることを願っています。

ネルソン文子