マンチェスターU優勝

今シーズンのプレミアリーグはマンチャスターUが優勝を決めました。

 

いつもの優勝と違うのはそこに日本人選手である香川選手がいたことでしょう。

日本人がプレミアリーグ優勝を果たしたのは史上初の事ですし、ほんの数年前までは
全く考えられなかったことです。
ドルトムントで2連覇を果たし、鳴り物入りでマンUに加入した今シーズンは、
正直、本人もインタビューで言っているように、満足したシーズンをおくれていません。
途中怪我で戦列を離れてた事も影響しますが、一番の原因はマンUと言う環境に
慣れるのに時間が掛かっているのだと感じます。
世界でもトップクラスのチームで、世界クラスの選手が何人もいる環境、
またメディア、サポーターと注目度は高く、様々なプレッシャーを受けながらの日々を
過ごしている事と思います。
そのなかで自分らしさを出すのは簡単ではありません。
特にそれが感じれる場面は、得点後のパフォーマンスではないでしょうか。
ドルトムント時代は得点後に身体全体で喜びを表現する場面が多々見られましたが、
マンUでは、控えめなガッツポーズが目立ちます。
それはどこかで遠慮があるのだと思います。
その遠慮がプレーにも影響し、香川選手本来のプレーが出来ていないのでしょう。
周りの選手がまだ香川の良さを活かしたプレーが出来ていないとういのもありますが、
周りに自分がどんな選手であるかを、アピールする力が足りてなかったのだと思います。
日本人がヨーロッパに来てその環境に溶け込むのは簡単な事ではありません。
過去にも何人もの選手が環境に慣れずに活躍できませんでした。
香川選手はドイツでの経験があるにもかかわらず、違う国に順応するのは時間が掛かっています。
やはり日本人は周りの反応を気にするので、最初から自分というものを周りに示すのが苦手です。
しかし海外では自分というものを出さないと周りは認めてくれません。
新しい環境に身を置いたときに、いかに自分を出せるか、周りに認めてもらうかが非常に大事になってきます。
シーズン序盤は苦しんだ香川選手もシーズン後半に近づき、調子を上げて来て、ハットトリックを達成するなど
本来のプレーを出しつつあり、周りも彼の特徴を理解してきています。
香川選手本来のプレーが出来れば、来シーズンはマンチェスターUの主役になれるでしょう。 

 

コメントは受け付けていません。