サッカーコース・マネージメント分野

1学期のサッカーコースではコーチングライセンス取得を目指し、FA Coaching Licence Level 1, Level 2の勉強をしてきました。最終実技試験も全員が通過し、無事に資格を取ることができました。

 

2,3学期ではサッカーコースの時間にマネージメント分野の授業が入ってきます。
対象は2,3年生のサッカーコース生徒。基本的にはサッカー界でのキャリア教育のような内容となっており、サッカー界やサッカー界と関係が深い業界で働いている方に外部講師として来て頂いて講義をしてもらいます。

 

第2回は「サッカー選手論」ということで元アーセナルでプレーをしていたAndrew Douglas氏に講師として来て頂きました。
サッカー選手になるために気をつけていたこと、プロ選手になってから大変だったことなど彼の経験談をメインに話して頂き、最後には体育館で学園生徒とフットサルをしました。
すでにサッカー選手を引退して何年も経ち運動量は落ちたと言っていましたが、足元のテクニックや基礎技術はさすが元プロ選手というものでした。
プロ選手を目指している生徒には素晴らしい刺激になったと思います。

 

第3回は「サッカー監督論」ということで現アーセナルレディース監督のペドロマルティネス氏に講師をして頂きました。
アーセナルレディースとはどのようなチームかという説明から始まり、監督に必要な資質とは何かという深い話までして頂きました。
アーセナルレディースでは選手監督を含めた全てのスタッフが団結して戦うことを大切にしているとおっしゃっていたことが印象的に残っています。

 

実際にサッカー界で働いている方のお話を聞くことができ、将来を考える良いきっかけになったのではないかと思います。
今後もマネージメント分野の講師の方々をご紹介できればと思っています。

 

 

末弘

 

コメントは受け付けていません。