夏季プロチーム参加選手

夏休みの間、3年生の世川楓悟(せがわふうご)選手はOxford City FCというチームに練習参加しました。このチームのトップチームはイングランド5部(プロリーグ)に属しており、今回は実力が認められ特別に参加することが出来ました。

 

今回はその世川選手に夏休みのサッカー体験談として作文を書いてもらいましたので、こちらに記載したいと思います。

 

 

『夏休みのサッカー体験談』

 

最初の三週間、私はオックスフォードにあるOxford City FC というチームに参加をさせて頂きました。チームはConference South (イギリス5部相当)に所属し、選手の半分がプロ契約、半分はセミプロ契約の選手です。参加した期間の間、毎日が刺激的な経験でした。

 

5部とはいえチーム専用スタジアム、練習施設、クラブハウスなど全てが日本では考えられない環境でした。最初練習で十分に通用していたので、彼らのプリシーズンマッチを観戦した時は衝撃を受けました。ユース年代では見れない、フィジカルの強さ、試合、プレスの速さ、そして玉際の激しさは正直想像以上でした。しかしそんな環境で自分もやらなければいけないという良い目標にもなりました。選手のなかにはプレミアリーグのチームやスペイン2部でプレーしていた選手もいたので、なるべく良い所を盗もうと毎日が新しい経験でした。自分も何試合か、ベンチ入りすることができ、スタジアムの雰囲気やサッカー選手としての生活、全てを身近に感じる事ができ良い経験でした。

 

最後の三週間はFAB ACADEMYというチームに参加しました。最初は周りに順応してしまっている自分がいましたが、日に日に個性というものが出せるようになりました。練習環境、宿泊施設全てが素晴らしく、三週間を通して新たな自分の課題をみつけることができたのも良い経験でした。

 

世川楓悟

 

 

2学期が始まって、夏休み間にまたひとまわりふたまわり上達した世川選手を見ることができました。

 

この経験を活かして、次のステップに進んでもらいたいと思います。

 

末弘

 

コメントは受け付けていません。