スペイン、バレンシア・バルセロナ遠征

10月17日~10月22日の日程でスペインのバレンシア・バルセロナ遠征に行ってきました。この時期は秋の研修旅行なのですが、サッカー部だけ特別にサッカー部ヨーロッパ遠征に出かけています。

 

今回はスペインの名門Valencia CF(バレンシアFC)の下部組織からプロまでがトレーニングを行う施設でトレーニング、地元チームとの練習試合を行いました。

 

トレーニングはバレンシアFCのプロコーチが帯同し、一流の指導を受けることができ、また、ホテルは施設に併設しており、トレーニングジム、スイミングプールもある素晴らしいホテルに宿泊することができました。

 

 

トレーニングは希望を出していたポゼッションを中心に行い、実際にバレンシアFCのユースチームが行っているトレーニングをして攻撃力の向上を図りました。
トレーニング以外でも、白石トレーナーの指示でトレーニング後はホテルのプールでクールダウンをするなど、コンディショニングにも細心の注意を払いました。
練習試合は2試合行い、2試合とも勝利!
スペインのチームは良い意味でいやらしい戦い方をするチームが多く、選手にとって良い勉強になったと思います。
試合の詳細は下に載せておきます。

 
元々予定に組まれていた「ラ・リーガ」(スペインプロ1部リーグ)の観戦が変更になり、なんとチャンピオンズリーグ、Valencia CF vs K.A.A Gentを観戦することができ、選手は思わぬ変更に喜んでいました。
やはりチャンピオンズリーグの雰囲気は素晴らしく、なんといってもチャンピオンズリーグのアンセムを聴いた瞬間の選手の表情は忘れられません。

 

チャンピオンズリーグにはユース年代のチャンピオンズリーグもあり、U-17のValencia CF vs K.A.A Gentも観戦することができました。同年代のトップレベルの選手を見ることができ、良い刺激になったと思います。

 

今回はMestalla(バレンシアFCのスタジアム)とCamp Nou(バルセロナFCのスタジアム)の2つのスタジアムツアーに参加してきました。
どちらのスタジアムもファンを虜にする魅力がったっぷりあり、特にバルセロナFCのスタジアム、カンプノウは選手も大興奮の様子で思い出深い経験になったと思います。

 

最終日にはバルセロナを観光し、世界的建築家のガウディーが設計したサクラダファミリア、グエル公園を訪れました。

 

今回も盛りだくさんの内容で、選手にとってはかけがえのない経験になったと思います。ただし一流のコーチに指導してもらえたことや、世界的なスタジアムを訪れられたことも素晴らしいのですが、今回の遠征の一番の収穫は、チームで決めた目標を達成できたことや、質の高い練習が出来たことなど、選手一人ひとりが努力できたことだと思います。
ただの観光旅行でおわるのではなく、選手としてサッカーに対して全力で取り組み、サッカーチームとして活動ができました。
この経験をこれからの活動に活かしていければと思います。

 

※遠征の写真は後ほどアップします

 

末弘

 

 

練習試合詳細

 

vs Vallbonense

4-0 勝利

得点者:世川、角居(世川)、角居(岡畑樹)、世川

 

vs Malilla CF

6-1 勝利

得点者:落合(藤田)、宮下、角居(藤田)、角居(横山)、世川(角居)、横山(岡畑樹)

 

コメントは受け付けていません。