イギリス暮らしを生かした独自の英語教育

「学習」「実践」「確認」が三位一体となる「Teikyo UK – Triangular Learning」

英語を学ぶ一番ベストな方法は、実際に英語を使うことだと学園では考えています。そのため、英語科の授業は出来る限り実用的になるよう工夫されています。
学園の生徒達は、イギリスで生活をしているため、英語を実際に使う機会が非常にたくさんあります。ほんの数例を挙げても、提携校とのエクスチェンジイベントや職場体験、地元のお祭りへの参加など、教室の外で英語をコミュニケーションのツールとして使う素晴らしいチャンスに恵まれています。
学園内での授業、学外に出ての実践、そして自身の英語力を客観的に確認するための試験、これら3つの過程が相互に作用しあうことで、3年間の学園生活で確実に英語力を伸ばすことができます。

学習(学園内での授業)

レベル別に分かれた少人数クラスで授業を行い、それぞれの生徒に的を絞った授業を展開しています。とりわけ日本人の弱点となり易いSpeakingとWritingにフォーカスを当てたレッスンが多く、生徒たちは学園を卒業するまでに、4技能をバランスよく取得することができます。またこれらの学習は、英検やTOEIC、IELTSなど検定試験のための実践的なレッスンとも結びついています。そして何より、学園のレッスンは楽しい!これは、英語を学ぶ上でもっとも大切なことであり、英語を上達させるための一番の近道です。

English Conversation

学園生活の中では、英国内や欧州へ研修旅行に出かける機会が数多くあります。そのために必要な会話力を養うことも、英語力向上のための重要な学習です。目的地への道のりを尋ねたり、レストランで丁寧に注文をしたりと、普段の生活で必要な情報を確実に得るための会話力を取得しています。また、コミュニケーションは「雑学力」が問われるとも言われています。現地の人たちと楽しく会話をするためにはどのような話題がいいのか、様々な場面を想定しながら、コミュニケーション能力も磨いていきます。

EAP English for Academic Purposes

EAPは、英語検定やIELTSなど、大学進学や留学に必要な資格試験のための包括的な授業です。日本人は自分の考えを英語で表現することが苦手な傾向にあり、各種試験に沿った問題集を使用しながらトレーニングを行い、4技能をバランスよく伸ばしていきます。

Reading & Writing

テキストは、教科書のほかにインターネットや新聞、英語検定やIELTS の参考書などを使用します。様々な文章を組み込み、細部まで読解する力を養っていきます。英作文のトレーニングは、句読点の正しい使い方や口語英語と文語英語の違いから、長文の作成まで徐々にレベルアップし、小テストを繰り返しながら、確実に「書く力」を身につけていきます。現地校のペンパルとのやりとりも、英語で文章を書くトレーニングのひとつです。また、英語で書かれたグラフや図の読み取り方なども定期的に学び大学受験やIELTS受験に役立てます。

Grammar

文法のテキストとなるのは、文部科学省に採択されたCrown English Expressionをはじめ、英字新聞や現地の雑誌などです。英国の人たちが普段目にするメディアを題材に、使える英文法を学びます。単なる暗記ではなく、実際の文章の中にどのような文法が使われているのかを理解した上で、それらを生かして文章作りを実践していきます。授業の中では小テストを繰り返し、確実に文法力を身につけます。

IELTS

将来、海外の大学進学を目指すために必要とされる試験で、英語力のある生徒たちを対象にIELTSにフォーカスした集中的な授業を行います。授業では全分野を網羅しますが、特に日本人が苦労することの多い、WritingとSpeakingに力を入れ、エッセイを数多く書くことやSpeakingのテストを繰り返すなど、その克服に重点を置いています。

実践

学園の英語教育の大きな特徴は、学習した英語を実際に使う機会を数多く設けていることです。イギリスに暮らしているからこそのこの利点を生かし、学園の内外で毎日が実践の場です。

2年生は2学期と3学期に、週に1度近隣の学校やお店などで職場体験を行います。英会話はもちろんのこと、英国のチャリティーの仕組みや日本と英国の教育の違い、英国人の仕事の仕方など多くのことを学びます。何よりも、もっと英語を学んでたくさんの人と話がしたいという、英語学習に対しての意欲が高まります。

職場体験

現地の方々との交流

通学体験プログラム

学園では、近隣のBurnham Grammar School(=公立の進学校に当たる英国の中学・高校)、Greenford High Schoolと提携し、学期末にホームステイをしながら授業に参加する現地校通学体験プログラムを実施しています。

カルチャーエクスチェンジ

日本文化などについてのプレゼンテーションを準備し、現地校あるいは本校にて発表を行う機会を設けています。パワーポイントを使っての言語・生活様式・文化・歴史などについての発表から、プレゼンテーション力を使って、現地校の生徒たちと言語の壁を超えてその力を競い合うコンテスト、デモンストレーションを用いた茶道・書道・折り紙・日本料理に至るまで、その内容は多岐に渡ります。どのように英語を使うことが、より聞き手に伝わりやすいかなど、使う言葉や話し方などの試行錯誤を繰り返し、実践的な英語を学びます

職場体験・授業体験の受け入れ

提携校より職場体験や授業体験の生徒たちを受け入れているため、学園生活を共にしながら、生徒たちは日常的な英語を話す機会に恵まれます。

この他にも、提携校やロンドン近郊の学校で日本語を学ぶ生徒たちを招待して、日本文化やスポーツを通した交流を行うなど、現地校の生徒たちと一緒に取り組むプログラムを多数用意しています。

ホームステイ

1年生の1学期終了時には、全員が2週間の語学研修に出かけます。英国人家庭でホームステイをしながら語学学校に通い、他の国の生徒たちと一緒に集中的に英語を学びます。また2,3年生も長期休暇中にイギリスに残り、ホームステイや語学学校に参加する生徒たちが多数います。

確認

学園では、現在の自分の英語力を知り、更なる飛躍のために定期試験とは別に、定期的に試験を行い、英語力の確認を行っています。

  • 実用英語検定試験(英検)

    卒業までに生徒全員が2級以上の取得を目指し、学園を会場にして、全員が英検を受験します。(準1級・1級は希望者がロンドン会場にて受験可。卒業生には在学中に1級を取得した生徒もいます。)大学入試においては近年多くの大学が英語外部試験を利用しており、英検の採用率が一番高くなっています。英検の各級取得は英語力の証明となるばかりでなく、将来の進路実現に繋がる資格でもあるため、生徒も教員も真剣に取り組んでいます。

  • IELTS

    イギリスの大学へ進学する際の英語力証明としてだけではなく、近年では日本の大学も入試における英語外部試験の一つにIELTSを採用しているところもあります。実際に学園では、IELTSのスコアを大学出願に利用して、進路実現を果たした卒業生たちもいます。

英語科主任からのメッセージ

Head of English:Richard Ingram
(英語科主任:リチャード・イングラム)

We want students to reach their full potential and we have a fantastic staff of fully qualified native and Japanese teachers of English who do their utmost to achieve this.Learning English is a journey and all the English teachers are here to guide students in the right direction as well as support and push when necessary.Let me take this opportunity to welcome you to the school and I look forward to working with you to achieve your dreams.

私たちは皆さんに最大限の可能性を発揮してほしいと願っています。学園には、そのために最善を尽くす、十分な資格を持った素晴らしい英人・日本人教員たちがいます。英語を学ぶことは旅と同じです。英語科の教員たちは皆、皆さんが必要な時にサポートをし、背中を押すことは勿論、目指す方向に皆さんを導くためにここにいます。学園で皆さんをお待ちしています。そしてあなたの夢を実現するために、一緒に取り組めることを楽しみにしています。