在校生の声

  • 普通科

    宇野 暢晃

  • 普通科

    嵯峨山 未来

  • 普通科(通学生)

    国田 光紀

  • サッカーコース

    唐木 駿

普通科 宇野 暢晃

在校生の声

仲間の大切さや
両親のありがたさを感じる学園生活

帝京ロンドン学園高等部では、イギリスの文化や歴史について授業で学んだことを実際に出かけて学んだり、パブリックスクールや現地校とお互いの文化紹介をしたり、食事を共にするなどして交流しています。このように日本ではできない体験ができ、英語力が伸びるチャンスもたくさんあります。 先生たちとの距離も近く、悩み事があれば真摯に相談に乗ってくれる生徒思いの先生ばかりです。興味があることに取り組めるチャンスを作ってもらえるので、どのような学園生活になるかは自分自身で決まります。寮では親とはなれて生活をすることによって自立できたと同時に、親に対しての感謝の気持ちを日々感じています。共に支えあい生活をする仲間の大切さも知りました。これらの経験は自分を大きく成長させてくれると信じ、学園生活を精一杯楽しんでいます。

普通科 嵯峨山 未来

在校生の声

イギリスで学ぶ貴重な経験

私は帝京ロンドン学園高等部に入学して、英語の学習に特に力を入れ、自学自習時間、放課後の時間を過ごしています。また、学校独自の授業である「英国史」ではイギリスの歴史を英語で学んだり、学校行事では現地の学校や地域の人々との交流で英会話力を身につけるなど、イギリスでしかできない様々な体験をしています。これらの経験を通してネイティブの方々と何不自由なくコミュニケーションがとれるようになることを卒業までの目標にしています。休日は近くの駅前へショッピングに行ったり、友達や先輩方と一緒にロンドンへ出かけたりして、とても充実した休日を過ごすことができます。もちろん、外出先では日本語は通じないため、英語を話す機会がとても多く、実践での英語の練習になっています。
寮生活では、親と離れての生活でとても大変ですが、自立に繋がっていると日々感じています。友達と過ごす時間が長いためお互いに助け合い、家族のように仲良く過ごすことができます。イギリスにあるこの学校で過ごす日々はとても貴重な経験になると思います。

普通科(通学生) 国田 光紀

在校生の声

英国で学ぶことの意義

私は帝京ロンドン学園高等部に入学してから、この貴重な時間をより充実したものにするため「英国でしかできないこと」を大切にするよう心掛けています。特に、日々学習する英語のノルマを設けるなど、意識的に英語力の向上には力を入れ、また、英語に触れることの多い日々の授業から、より実践的な英語を身につけていきたいと考えています。また、英検やIELTSといった検定試験にも学校全体で積極的に挑戦することにより、具体的な目標をもって英語学習に取り組むことができると感じています。
休日には通学生であることを活かし、様々な国籍の友達と一緒にクラブチームでスポーツをしたり、家族との時間を大切にしつつ、英国の名所を訪れたりして過ごしています。学園での生活は英国でしか経験できないことばかりで、毎日が非常に充実しています。英国で過ごすこれからの学園生活が本当に楽しみです。

サッカーコース 唐木 駿

在校生の声

人としての強さを磨ける学園生活

入学当初、私は日本を恋しく思い、なかなか前向きになる事ができませんでした。しかし、現在は友人の支えや先生方の教え、親のサポートなどのおかげで、充実した学園生活を送っています。前回の定期考査では高得点を取ることができ、これからの進路について向き合うきっかけになりました。私は高校入学を機に中学時代の自分の甘えを捨て、自分の考えをしっかりと持てるようになったのです。今は学校で様々な新しいことを学べるのが1日の楽しみです。 日本の高校では天然芝でサッカーをできる環境はあまりないと思いますが、ここ帝京ロンドン学園高等部ではしっかりとしたグラウンドの整備のおかげで毎日心地よくサッカーができます。この良い環境があるからこそ最高のパフォーマンスが出せるのだと私は思います。この学園で共に過ごした仲間たちとの思い出や、経験は将来大人になっても忘れることはないでしょう。ここでの生活で学ぶことの出来た「努力」や「忍耐」は、将来大人になったら役立つものだと信じています。