徹底した少人数制教育

一人ひとりの個性を大切にし、無限の可能性を最大限に伸ばす環境

帝京ロンドン学園は、全校生徒が50名程度の規模であることから、徹底した少人数制教育を実施しています。
一人ひとりの個性を大切にすること、そして生徒たちが持つ無限の可能性を最大限に伸ばすことを念頭に、一人ひとりの教員が日々熱心に生徒たちと向き合っています。

  • 手厚い学習指導

  • 一人ひとりが主役の場

  • 未来につながる自分探し

  • 教頭より

生徒一人ひとりのレベルに合わせた手厚い学習指導

学習面に於いて、学園では一人ひとりに合わせた指導を手厚く行っています。放課後に実施されるスタディーサポートの時間には、各自のレベルに合わせた補講が行われ、また、生徒が記入する学習記録表を用いて、教員達が各自の学習の進度を確認し、必要に応じたアドバイスやサポートを行っています。学園では、1年時より自己学習の習慣を確立するための指導を行い、生徒たちも先を見越して学習計画を立て、それを実践していく力を養います。

生徒一人ひとりが主役となり成長する

少人数の学園であることから、一人ひとりが活躍できる場が非常に多く用意されています。クラスや寮での委員、生徒会、行事での実行委員、また各自の希望に応じた放課後活動など、一人ひとりが主役となるこの学園では、様々な経験を通して一回りも二回りも成長する数多くの機会に恵まれています。

家族のような友人や教職員との関わり

徹底した少人数制の学園では、一人ひとりに焦点が当てられ、周りに流されるという環境にはないため、常に個が試され問われる場でもあります。自分自身との向き合わざるを得ない環境で生徒たちは迷いや悩み、壁にぶつかることも多々あり、教員たちは、対話を通して一人ひとりと向き合うことを常としています。生徒たちは周りの友人や教員との関わりの中で、自分探しの旅を続け、それぞれの道を見つけてゆきます。目が届きやすい環境では、教職員たちは生徒たちの変化にも気付きやすく、それが必要な時を逃さない迅速で確実なサポートにつながっています。学園では、同級生・先輩・後輩、そして教職員との距離が近く、その関係性を”家族のよう”と表す生徒たちもいます。個人が尊重され、愛情深く温かい雰囲気の中で、生徒たちは自分と向き合う思春期を過ごし、その可能性を日々伸ばしていきます。

学園生活を通して、たとえば、苦手だった英語の楽しさを授業で知り、何だか曇っていた心が晴れてきたこと。努力の向こうに、海外への大学進学が現実の目標になってきたこと。現地校で挫折した自分がもう一度自信を取り戻し始めたこと。そして、こんなにも頑張れる自分に出会えたこと。家族のような友人や教職員との関わりの中で、生徒たちの中には日々小さな、大きな”変化”が起こり、それが一人ひとりの未来へとつながっています。

 

教頭からのコメント

教頭:魚山秀介

本学園の生徒総数は、通常の日本の私立高校であれば1クラス分の規模に相当する人数であり、いわば「超」少人数教育を実施しています。しかも、世界の金融や芸術の中心地であるロンドン郊外という非常に恵まれた環境で、生徒たちは勉強にスポーツにと取り組んでいます。この学園の卒業生からは、「苦楽を共にした3年間の寮生活は一生の財産」であり、「当時の友人たちとは今でも付き合いがある」という言葉をよく耳にします。母校とは、卒業した後でも自分たちが教わった教師にいつでも会える学校を意味するものであり、その意味でも本学園はまた帰ってきたいと思わせる魅力を備えた学校です。本学園は2年前に25周年を迎えましたが、もはや欧州では数少ない文部科学省認定の私立在外教育施設として、今後もさらに発展させていきます。