ヨーロッパ遠征

先週、サッカー部でヨーロッパ遠征に出かけました。今年はイギリス国内でバーミンガム、レスター、ダービーに行き、プロコーチによる練習、地元チームとの試合、施設見学、プレミアリーグ観戦等をおこないました。

今回の遠征では以下のような目標を選手主導で決めました。
①攻撃力向上
②練習試合に勝つ
③時間厳守
④個人の目標をもつ
⑤トレーニング施設の見識を深める

達成できた目標、できなかった目標もありますが、しっかりと目的意識をもって遠征に臨めたことが良かったと思います。

 

初日、朝学園を出発し、まずはSt.Georges Parkの見学をしました。St. Georges Parkとは、イングランドサッカー協会が所有し、イングランド代表などが使用する世界最大級のサッカー専用トレーニング施設です。天然芝ピッチと室内人工芝フルピッチ合わせて12面があり、その他にフットサルコート、ジム、プール、リハビリセンターなど選手を育成する上で全ての設備が揃っています。

出発する前にNike Academyが練習試合をしていたので、そちらも見学することができました。

 

IMG_5278IMG_5265IMG_5258IMG_5273IMG_5266

 

St.Georges Parkを訪れた後、Derby County FCのアカデミー練習・施設の見学をおこない、実際にDerbyの選手たちと練習をおこないました。

指導はもちろんプロのコーチによるもので、練習の最後には帝京とDerbyのミックスチームで紅白戦をおこないました。Derbyの選手の中にはU-15イングランド代表候補選手もいて、学園の選手にとって良い刺激になったと思います。

 

IMG_5284IMG_5286IMG_5300

 

2日目から4日目まではLilleshall National Sports Centreでトレーニング、練習試合をおこないました。このスポーツセンターでは体操やアーチェリーなどのオリンピック選手が日頃トレーニングをしており、素晴らしい環境でトレーニングをすることができました。

4日目はThomas Telfors Schoolとの練習試合。Thomas Telfordは昨年、一昨年とイギリスのスクール大会で全国優勝している学校です。

結果は0-4の敗戦。攻め込まれる時間が多くありましたが、遠征中に練習した攻撃パターンを試合でいかすこともできました。

 

 

IMG_5305 IMG_5318 IMG_5322 IMG_5323

 

最終日の午前中はまたDerbyまで戻り、Derby County FC U-18 vs Liverpool FC U-18の練習試合を観戦しました。U-18となっていますが、17、18歳で良い選手はU-23のチームに参加しているので、この試合には15歳の選手も出場していました。

パス、判断のスピードやフィジカルが圧倒的に日本のチームとは違い、世界で戦うために必要な要素を再確認できました。

 

IMG_5354IMG_5351

 

午後はプレミアリーグのLeicester City FC vs Crystal Palace FCを観戦しました。運よく岡崎選手も出場し、さらに1得点したので選手たちは大興奮でした!

 

IMG_5358IMG_5361

 

このような環境でサッカーができることに感謝し、この経験を学園に戻ってからの活動にいかしていきたいと思います。

 

末弘

コメントは受け付けていません。