職員室だより

地元合唱団での発表会

2月27日(土)に学園からすぐの村で合唱団のコンサートが行われました。

P1140907_3

この合唱団に、3年生の生徒が1年次から参加しており、この日は卒業を目前に最後のコンサートでした。教会のホールでは、30分を超えるJohn RutterのRequiemが披露され、気持ちのこもった歌声に、観客席からも大きな拍手が響きました。

この日が最後の参加となった生徒でしたが、合唱団の方々からも、「英語で聞いて英語で話すことや、地元の人たちの中に入って行くことは、簡単ではなかったと思うけれど、それをやり切ったのだから、誇りを持って!」「君はとっても勇敢だよ」と声をかけられ、大学に行っても歌い続けることを約束し、笑顔でのお別れとなりました。

地域に根ざした合唱団での活動が、イギリスをより良く知る機会にもなり、ここでの経験が今後に生かされることを願っています。