職員室だより

百人一首&餅つき

先日、1年生の国語の授業で百人一首をし、放課後は全校生徒で餅つきをしました。イギリスにいても日本の文化を大切にしてほしいという思いから毎年このような取り組みを行っています。

百人一首では、国語の先生が句を読むと途端に集中し、必死になって探す姿が印象的でした。百人一首とは思えない白熱した戦いを見せていました。普段の授業とは違い、楽しみながら古文に触れることができました。

また、生徒会中心の餅つきでは、全校生徒が参加し、学年の壁を越えて仲良く餅をつきました。力強く杵を振り落とす場面では歓声があり、かなり盛り上がりました。兄弟や双子たちの競演があり、普段見ることのできない様子も見ることができました。つきたての餅を食べているみんなの顔には笑顔が溢れていました。

Img_6942

Img_6918_2Img_6882