職員室だより

東日本大震災復興支援 被災地高校生サッカーチャリティーマッチ参加しました。

東日本大震災で被災した高校生代表チームが先週、11月24日のウェンブリースタジアムでのチャリティーマッチのために学園にて滞在しました。被災地で未だ苦しむ方々が数多くいらっしゃる状況ではありますが、当学園の生徒たちもともにウェンブリ―スタジアムのピッチに立つという恵まれた経験を得て、 これからの東北の復興に向けての活力となるよう頑張っていました。
さて、この件について、様々なメディアで高校生たちの様子が取り上げられました。
以下のリンク先からご覧頂くことが出来ます。
NHK (映像付): 被災地の高校生”聖地”でサッカー
TV 朝日 (映像): 被災地の高校生がサッカーの聖地でプレー(11/11/25)
毎日新聞: 東日本大震災:被災地の高校生、「サッカーの聖地」疾走
東京新聞: サッカー聖地で心軽く 被災地高校生 英で親善試合
日刊スポーツ:
11月24日: 被災地の高校生がサッカーの聖地に
11月25日: 被災地高校生がサッカーの聖地で勝利
朝日新聞(時事通信): 聖地でサッカー=被災地高校生―英
産経新聞 (共同通信): 被災地の高校生がサッカーの聖地に、斎藤主将「憧れのピッチ」
英国サッカー協会(FA) website:(注:英語): Wembley visit for earthquake survivors