SCHOOL BLOG

現地校との交流会 「Japanese Day」

1学期が終了し、学園の生徒たちはそれぞれの夏季休暇を過ごしています。1年生はイギリスの南にあるBrightonにて、ホームステイをしながら、2週間の語学研修を行っています。

先月、学園ではJapanese Dayが行われました。

毎年恒例のJapanese Dayでは、提携校であるBurnham Grammer Schoolの生徒たちが来校し、学園の生徒達が英語で日本文化を紹介しながら、現地校の生徒たちと交流を深めます。

このプログラムは非常に人気が高く、Burnham Grammar Schoolの生徒たちも毎年楽しみに待っていてくれるようです。茶道、浴衣の着付け、書道、折り紙、お好み焼きの実演、そして日本食のランチを一緒に食べ、午後からは学園の生徒が英語で日本についてのプレゼンテーションを行います。

生徒たちもこの日に向けて準備を重ね、当日は緊張の面持ちながら、それぞれの持ち場で精一杯頑張りました。スムーズに英語で会話できることばかりではありませんが、コミュニケーションをとるためには、言葉だけではなく、表情やジェスチャーなども大切な要素になるのだと体感しながら学ぶ機会でもあります。

現地校の生徒たちも初めての体験に大喜びで、日本の習慣や文化を紹介するプレゼンテーションでは積極的に質問も出され、その関心の高さに驚かされます。

現地校の生徒たちとの交流プログラムは年間を通して多数用意されていますが、この2日間も生徒たちにとっては、英語を実践的に使う充実した時間となりました。

IMG_0822 IMG_0824 IMG_0866 IMG_0908 IMG_0944IMG_0810