職員室だより

18歳からの選挙権(日本経済新聞社取材)

6月25日(土)学園にて、3年生の生徒が日本経済新聞社の記者から取材を受けました。7月10日の参院選から選挙制度が改正され、18歳からの選挙がスタートするのにあたり、全国各地そして海外の18歳、19歳に未来への思いを聞きたいという企画によるものです。「どんな世の中になってほしいか」という質問に対し、岡畑君は「英語が話せるだけでなく、自分の考えをもっと発信できる日本人になってほしい」という思いも込めて、「国際交流が盛んな社会」というメッセージをスケッチブックに綴りました。

 ちょうどその2日前に、EUから離脱するという英国の国民投票結果が出たばかりの時でしたので、話題は選挙のことから、英国から学びたいこと、日本の良いところ、などと広範囲に及びました。日本の大学への進学を希望する岡畑君の将来に向けた考えを話して取材は終わりました。

取材内容は、7月上旬に日経電子版で掲載される予定とのことです。

img_5167img_5169